未分類

はじめての子供英語!どんな学習方法があるのか徹底解説します

「子供に英語をやらせたいけど、どんな方法がいいのか分からない。」

 

「ネット検索すると英語教室ランキングが大量に出てきて、どれがいいのか決められない。」

 

片っ端から試すのもアリですが、それも難しいですよね。こんな悩みで、最初の一歩を踏み出せないでいる方をお助けします!!

 

私は2児の母で、子供の英語教育についてはこれまでも悩み、今も良い方法を模索しています。

 

私たち親がこのような模索を続けなければならない理由として、以下のようなことが考えられます。

 

①子供の年齢や個性によって適性が変わるから。

②家庭やタイミングによって予算や生活スケジュールが違うから。

③日本の社会で必要とされる英語レベルが時代によって変わっているから。

 

 

この中で優先すべきは①です。例え同じ年齢層の子供同士でも、家庭によって「それいい!」と思える方法は同じではありませんし、同じ学習方法でも、兄弟間で反応が変わってくる場合もあります。

 

どんなに他の条件が合っていても、子供の適性に合っていないことを続けさせていれば、いずれ子供の英語の芽を摘み取ってしまいます。

 

①を押さえるには「楽しく・続ける」がポイントです。

 

本記事では、子供英語に興味を持つママ・パパに、その学習方法を比較しながらご紹介します。

 

お子さんが楽しく学び続けられる方法を見つけてあげてください。

 

英語のプロ(先生)に教えてもらう

 

 

 

 

初めて子供に英語を学ばせるときには、まず英会話教室を検討する人が多いのではないでしょうか。インターネットで検索すれば、たくさんの英会話教室の情報が出てきますね。

 

英会話教室のメリットはいくつかあります。

  • 専門家が教えてくれる。
  • 体を使ったアクティビティがある。
  • 通塾型は集団で学習することができる。
  • オンライン型は自分のペースで学習することができる。

最大のメリットは英語のプロがノウハウを駆使して英語を伝授してくれることです。

 

通塾型の教室では、座学が苦手なお子さんが、英会話教室で大きな声でリピートする、”Run!”と言われたら走ってもいい、みんなで歌やダンスをするといった環境を与えられることで英語学習のモチベーションに変えてしまうこともあります。

 

これが「楽しい・続ける」につながります。

 

従来からある通塾型の他にオンライン型があるのも押さえておきたいですね。
(通塾型とオンライン型の比較についてはこちらの記事をご覧ください。)

初めての子供オンライン英会話!選び方とともにベスト3社もご紹介!小学校から英語が必修化されたらしいし、以前より子供英会話を検討していたけど、すでに続けている習い事とのスケジュール調整が難しいし、このコ...

 

通い方にバリエーションがあれば、新型コロナの影響で外に出られない中で助かりますし、集団レッスンより個別レッスンを好むお子さんに負担がかかりません。

 

ただし、メリットばかりではありません。

 

子供が英語を習得するには約2,000時間英語を聞く必要があると言われています。

 

例えば、週1回40分のレッスンでは1年で32時間。2,000時間こなそうと思うと、単純計算で60年以上かかってしまいます!

 

極端な話ですが、週1回のレッスンでしか英語を聞かない話さない、教室を出たら日本語しかないという生活を続けても、お金はそれなりにかけているのに英語は定着しないということです。

週1回のレッスンでは、圧倒的に学習時間が足りない。

 

自宅で家族と一緒に学ぶ

 

 

 

 

先に英語のプロ(先生)に教えてもらう方法をお伝えしました。

しかし特に、お子さんがはじめて英語を学ぶ初期、あるいはまだ言葉を話す前といった早期であれば、ママ・パパと一緒に自宅でできる家庭学習がおすすめです。

 

家庭で英語学習するには様々な方法があります。

①英語絵本を読み聞かせる

②英語CDやDVD をかける

③動画や映画を見せる

④市販教材・ドリルを利用する

⑤通信教育に申し込む

⑥総合教材を利用する

①~③は教材というより素材とも言える範囲かもしれませんが、自分が好きなアイテムを使って遊びの延長で英語を学習することができますし、ママ・パパと一緒にやることで自然と日常生活の中に英語を加えることができます。

 

④~⑥では、ものによっては高額な教材もあって、コストがかかってきます。

しかし、コストがかかる分、英会話教室に通うのと同様にカリキュラムが組まれており、子供のレベルに合わせて学習を深めていくことができます。

 

以上のどの方法でも、家庭でする=日常的に英語とふれ合うことになり、毎日1時間続けられれば、就学前までに学習時間2,000時間も夢ではありません!

  • 自分のペースで学習できる。
  • リラックスした状態で学習できる。
  • 家族と一緒に英語にふれ合える。

リラックスした状態で家族と英語で話す環境ならネイティブの子供たちだって同じです。

 

そして、時間を決められて先生に英語を学ぶのと違って、いつでもどこでも時間は無制限です。これは最高にコスパがいいですよね。

 

ただし、教材も学習態度もゆるすぎると時間が無駄になってしまいます。

 

①~③の教材は初級に偏っているものが多かったり、映画などでは子供が認知できない場面やセリフはノーカウントなので、2,000時間これだけをやったとしても、思うようにレベルアップさせることはできません。

 

また、教室に通うのに比べて強制力に欠けるため、子供にやる気がないときはストップしてしまいますし、飽きてしまったときには高額な教材がタンスの肥やしになってしまうこともありがちな話です。

 

これは英語が親子喧嘩にも発展するという、うちでも起きた恐るべき現象です。

 

教材のレベルや子供の気分に左右されるため、計画的なレベルアップが難しい。

 

子供英語の家庭学習は、子供一人でさせるものではありません。

 

キーマンは、あなたです。

 

先生は英語のプロですが、ママ・パパは我が子の専門家です。家庭の中で、その子に合わせた英語の環境を調整し続けてあげることで、「楽しい・続ける」が実現できます。

 

ハイブリッド方式で学ぶ

 

 

 

 

ハイブリッド方式は、プロに教室で教えてもらいながら、レッスン以外の時間に家庭で家族と英語でふれ合う方法です。

 

「そんなに英語の時間ばかり取れない」と思われますか?

 

教室でのレッスンや家庭教材の内容を、ママ・パパが、家庭でのコミュニケーションの中で真似するだけでいいんです。

 

英会話教室での限られたレッスン時間だけで英語力が伸びたという子がいれば、それは教室だけではなくハイブリッド方式で家庭でも学習しているからです。

 

子供にとっては反復になりますし、親子で共通の話題にもなります。

 

そのためには、英会話教室は親も後ろから見学させてもらえる教室を選びましょう。

また、家庭学習でもお子さんの隣で座っていてあげてください。

 

やれるものならやってみたいレアな学習方法

本記事では、はじめて子供に英語を学ばせたいという人に英語の学習方法をご紹介しました。

 

今からご紹介する「やれるものならやってみたいレアな学習方法」は、いわば実地訓練ですので、親にとっても子にとっても難易度が高いかと思います。

 

でも、うちじゃ無理というものもあれば、それくらいなら勇気を出してやってみようと思えるものもあると思いますので、「やれるものなら」と前向きな気持ちで読んでみてください。

やれるものならやってみたいレアな学習方法①:家族で海外に行く

 

 

 

 

年に1度、家族で海外旅行はいかがでしょうか。

 

欧米まで行くのは大変でも、アジアにも英語圏は何カ国かあります。

英語圏でなくても日本語のない環境に囲まれること、日本の中で1年間英語を学ぶより年に1度の海外が子供たちの脳を何倍にも刺激します。

 

これは正直私には金銭的に難しいですが、親子留学なるものもありますし、可能な方はぜひ。

やれるものならやってみたいレアな学習方法②:外国人の友人に協力してもらう

 

 

 

 

私の知り合いは、英語の話せる外国籍の友だちと家族で集まった際には、子供たちに英語で話しかけてもらうよう頼んでいます。

不定期の集まりのため、次に会ったときのために英語を練習しようと、子供たちにとっていいモチベーションになるようです。

やれるものならやってみたいレアな学習方法③:外国人観光客と交流する

 

 

 

 

私は観光地の近くに住んでいるため、新型コロナ以前は休日によく子供を連れて名所などを見せていました。

 

名所の周りを歩きながら、子供が覚えた英語の歌を口ずさんでいると、通りすがりの外国人観光客のグループが一緒に歌ってくれて、子供は英語で挨拶をして別れることができました。

 

(観光客へはむやみに英語で話しかけるのではなく、訪日客としておもてなしの精神を忘れないでください。)

 

いずれにしても、教室でもない、教材でもない、生の英語は子供たちの五感をフルに刺激してくれます。

 

まとめ

子供の英語学習方法についてご紹介しました。

英語のプロ(先生)に教えてもらう

何といっても専門家が教えてくれることが最大のメリット!

ただし、週1回のレッスンでは、圧倒的に学習時間が足りません。

自宅で家族と一緒に学ぶ

自分のペースで学習できるのでリラックスした状態で学習することができます。

この先レベルアップしていくためにもママ・パパが隣で見てあげてください!

ハイブリッド方式で学ぶ

英語学習は反復がキモ!

教室でプロに教えてもらいながら、レッスン以外の時間には家で家族一緒に英語にふれ合いましょう。

やれるものならやってみたいレアな学習方法

①海外に行く
②外国人の友人に協力してもらう
③外国人観光客と交流する

 

最後にレアな学習方法でご紹介したものは、「家庭や状況によるのでは?」と思われたかもしれませんが、それ以前に子供たちが英語を楽しんでいるから実現できるものです。

 

ぜひ、ママ・パパにとっても「楽しい・続ける」につながる方法を試してみてください。