健康

子供の扁平足が身体に及ぼす影響は?簡単チェックと防止方法

  • 我が子を運動神経のよい子に育てたいと思いませんか?

それには「足育」が必要となります。足というのは唯一、大地と接触している身体の場所となります。

足というのはよく「第二の心臓」とい言われますよね。

人は足指で踏ん張ることでますます踏ん張る力が強くなっていき、足のアーチが形成されます。その結果、身体の発達を促す事ができます。                   また、足裏から多くの感覚情報を得る事で脳の発達を促すことができます。

なにより「足育」には、指で踏ん張り、感覚情報を得るためにたくさん「裸足」で遊ばせてあげる必要があります。裸足で遊ばなくなった現代においては、「扁平足」の子供も大人も多くなってきています。

①子供の偏平足が及ぼす将来的悪影響

 

 

 

 

「扁平足」とは土踏まず(内側縦アーチ)がない、低い状態のことを言います。

偏平足になってしまうと以下のような悪影響が出てきます。

  1. バランスが悪くなる
  2. 走力の低下
  3. 衝撃が分散されずケガをしやすくなる
  4. 負荷による足の痛み

 

バランスが悪くなる

「扁平足」の場合、足趾がしっかりと大地を捉える事ができず、重心移動が上手くできないのでバランス感覚が悪くなります。

 

走力の低下

扁平足の子は足が遅いと言われるのは、足裏のバネ機能がうまく使えないことと、足・膝・股関節の軸が合わず上方への力が上手く伝わらないことにあります。

 

衝撃が分散されずケガをしやすくなる

アーチ構造による衝撃吸収が出来なくなり、荷重も分散出来ないので膝や股関節への負担も強くなってしまいます。

 

負荷による足の痛み

扁平足は足の痛みの原因になることがあります。

一番多いのが足底腱(筋)膜炎です。扁平足では、踵から足の指の付け根まで伸びている土踏まずのアーチを支える組織への負担が強まります。

それによって痛みが生じることがあります。足底に胼胝(たこ)が出来ている人の多くはアーチ構造の破綻があるかもしれないのでご注意ください。

 

 

「扁平足」は遺伝なので仕方ない。ではありません!遺伝の影響もありますが、発育に伴う荷重量の増加や活動量の増加、靭帯の弱化や筋力不足が原因の場合もあります。

 

②扁平足に効果的な正しい防止方法

結論としては、

子供の頃はなるべく「裸足」で過ごさせるのが一番です!

インドで研究された文献に、シューズの影響と扁平足についてディスカッションされたものがあります。

4~13歳の2300人の子供達を3グループに分けて、裸足で生活するグループ、スリッパ・サンダルで生活するグルーブ、靴を履いて生活するグループに分けてどのグループに一番扁平足が多かったかを検討しています。

結果、扁平足が少ないグループは裸足のグループだったそうです。2番目はサンダル・スリッパのグループ、そして、靴を履いているグループが1番扁平足の子が多かったようです。このことより、幼少期で靴を履いていることが正常な縦アーチの発達を妨げている可能性があるということがわかりました。  (参考:Bone Joint Surg Br. 1992 )

扁平足の子供を作らないために、アーチサポートがある靴を選びたくなりますよね。

でも、それってあまり良くないんです。

そもそも人の足は、裸足で歩けるように出来ています。なのにサポートがしっかりしている靴を着用することで、筋肉は使う必要がなくなり筋力低下が起こり、アーチが低下してきます。

インソールも同様です。痛みがある場合は確かにインソールも必要ですが、常にインソールを使用していると更にアーチが下がってしまう原因となります。

しかし、現在においては道路はアスファルトだし、道路を裸足で歩くのは危険ですよね。

ではどんな靴を履けばよいのでしょうか?

ランニングシューズの中で「ミニマルシューズ」というものがあります。

ミニマルシューズは裸足のランニングと似た走行をする事が可能になる靴をして知られています。サポートがなく薄い靴なので自らの筋力をフルに使い、足からの感覚刺激をダイレクトに受け取る事ができる靴となります。もちろん、キッズの靴も販売されてます。

興味ある方は今後、ミニマルシューズについても詳しく書いていこうと思いますのでまた読んでいただけると幸いです。

 

③今すぐできる簡単「扁平足チェック」

立った状態で足の内側に隙間があるかを確認してください。

そうですね…ボールペン一本分くらい入る隙間があるとよいです。

ボールペンが入る隙間が無い場合は扁平足である可能性があります。

扁平足だからといって、足に必ずしも痛みが出るわけではありません。ですが、重心移動が上手く行えなかったり、衝撃吸収が上手く行えていなかったりと膝や股関節に負担を与えている可能性があります。

扁平足の場合、足部の剛性は失われているのでバランス能力は悪くなりやすくなります。心当たりがある人は、自分が扁平足ではないか確かめてみてください。

 

④まとめ

今回は、「足育」について考えていきました。                     「裸足」には足の機能を強くして、「扁平足」を防ぎ、バランス能力を高めたりと運動神経を良くする力があります。

また、身体の軸を整える事ができるので、足だけでなく、膝・股関節等における怪我も防ぐ事ができます。更には、脳への刺激を促すので脳の発達にも繋がります。

皆さまに「裸足」の重要性が伝わると幸いです。