生活・くらし

【丁寧な暮らし】料理初心者の包丁選び方 オススメ5選を紹介!

自炊を始めたいあなたへ

包丁は料理に必須の道具です。

三徳包丁、出刃、牛刀、ペティナイフなど様々な形があり、材質もステンレス、鋼、セラミックと多種にわたります。

自炊・料理初心者さんはどれが必要なのか迷ってしまいますね。

今回は料理初心者が選ぶべき包丁を、3つのオススメ理由とともにピックアップしたいと思います。

いい包丁を選ぶメリット

まず、料理初心者ほど包丁は最初にいいものを選びましょう!

ネットショッピングで適当にレビューの良いものを買うのは避けたほうがいいです。

 

自炊初心者ほどいい包丁を選んだ時のメリットは

  1. よく切れるから丁寧な作業ができる
  2. 見た目がテンション上がって料理をしたくなる
  3. 他の形の包丁が欲しくなり料理のレパートリーが増える

つまり、いい包丁を使うことで自炊がもっとしたくなる!ということです。

 

以下で理由を解説⇓⇓

よく切れるから丁寧な作業ができる

レシピ本や動画の切り方を真似しても、うまく包丁が入っていかないという経験をしたことがある人は沢山いると思います。

その原因は個人の習熟度の差もありますが、一番大きな違いは包丁の切れ味です。

料理の腕をカバーするためにも切れ味の良い包丁を使うことで、料理への抵抗感が減るでしょう。

そして料理を継続するモチベーションにも繋がります。

見た目がテンション上がって料理をしたくなる

お気に入りの道具というものは見るだけでも嬉しい気持ちにさせてくれますね。

包丁も例外ではなく、綺麗な見た目、使っていてテンションが上がるような包丁は料理への情熱もさらに引き上げてくれること間違いありません。

他の形の包丁が欲しくなり料理のレパートリーが増える

包丁の種類は実に沢山あります。

一般的な三徳包丁、肉を切りやすい牛刀、魚用の出刃包丁、小回りのきくペティナイフなど。。。

最初は三徳包丁を選べば失敗はありませんが、料理にこだわってくると1本だけでは限界がきてしまうもの。

1本目をこだわって選ぶことで、2本目も同じシリーズを選べば品質の差を気にせず本数を増やすことができます。

包丁が1本2本と増えてくる頃には自然と料理のレパートリーが増えて、料理初心者から卒業できるかもしれません。

 

つまり、自炊・料理初心者は料理への苦手意識を極力小さくして、やる気を出すためにもいい包丁を買うことをオススメします。

決定版!初心者にオススメ包丁5選

 

グローバル GLOBAL 

新潟県燕市 吉田金属工業が生み出したオールステンレス製包丁シリーズ

オールステンレスのため丸洗い可能で衛生的かつ洗練されたデザインで、キッチンをオシャレに彩ること間違いありません。

三徳包丁・ペティナイフ・シャープナーの3点セットが一番人気。

家庭用だけでなくギフトとしても人気のセットです。

画像引用 https://www.rakuten.ne.jp/gold/p-s/global

 

貝印 関孫六 ダマスカス

刀鍛冶の誇りが息づく、ダマスカス模様が特徴の「関孫六」の最上位シリーズ

刃体は異なるステンレスが32層に折り重なったダマスカス模様を再現。

見た目も機能性も兼ね備えた高級包丁の1つです。

これを1本目に選んだあなたは、包丁の魅力にとりつかれてさらに料理が楽しくなるでしょう。

画像引用 https://www.kai-group.com/products/special/hocho/products/

 

貝印 旬 Shun Classic

こちらも同じく貝印製品の「旬」シリーズ

日本刀を彷彿とさせるデザインが人気のダマスカス包丁は2017年おもてなしセレクションで金賞受賞の人気作です。

持ち手にはDシェイプと呼ばれる加工を施し、持ちやすさと強度にこだわりを持っています。

三徳包丁からシェフナイフ、ペティナイフまで商品幅が広いのが特徴。

画像引用 https://www.kai-group.com/products/special/hocho/products/

 

藤次郎 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込シリーズ

日本有数の刃物産地、新潟県燕三条市に拠点を置く藤次郎

そんな藤次郎のスタンダードシリーズとして一番人気を誇るオールステンレス包丁がこちら。

ハンドル部分はトルネード模様を採用しており、見た目だけではなく水・油で濡れた手で触っても滑りにくい実用性を追求しています。

もちろんオールステンレスで煮沸消毒も可能。とても衛生的ですね。

画像引用 https://tojiro.net

 

下村工業 Verdun

オールステンレスの流動的なフォルムが特徴のこのヴェルダン

1番の強みはコストパフォーマンスの高さ!

1本3000円~購入でき、一度に複数種類の包丁を揃えたい方にはぴったりです。

見た目は余計な装飾を削ぎ落としたシンプルさが売り。

いつまでも飽きがこないスタイルで料理ライフを楽しめます。

画像引用 https://www.shimomura-kogyo.co.jp/products/brand-verdun/

 

まとめ

料理初心者さんほどどんな包丁を選べば良いかについて解説しました。

包丁ってこんなにデザイン性が高くて、こだわりを持った製品なんですね。

料理を美味しく・楽しく・簡単に作るためにも最高の包丁を選んでみてはいかがでしょうか。