未分類

子供の英語学習には映画がおすすめ!字幕の効果的な使い方も伝授

うちの子、せっかくの教材DVDは見ないのに、お気に入りの映画は繰り返し見ている。

 

子供向けの家庭用英語教材は高くて買うのをためらってしまう。

 

家で英語とふれ合う時間を作りたいのに、教材も子供の気持ちも準備できなくて始められないという方、それならお子さんが今好きなものを英語に置き換えちゃいませんか?

 

今回は、子供が楽しみながら英語学習できるツールとして、映画を使った方法をご紹介します。

 

ただ映画を英語音声で見せる、ではありません。

 

まず日本語音声で映画を見て、内容を十分理解した上で英語音声を聞かせるようにします。

 

このステップを踏まえることで、子供はお気に入りの映画を何度も見ながら英語を上達させることができます。

 

私には娘が二人いますが、ディズニープリンセスが大好きです。

 

ディズニー映画はよく地上波でも放送されるので、DVDを買いに行かなくても、録画しておけば何度も再生して見ています。

 

副音声を使って英語音声で再生します。

映画の中のプリンセスは、英語を話し、英語で歌を歌います。(これが本来の姿ですが)

 

娘たちは、あの夢の国にまだ行ったことがないのですが、将来、プリンセスたちに会いに行けたら、英語で話さなきゃと意気込んでいます。

 

これも立派な目標設定だということにしています。

 

英語の映画はもう見せたことがあるという方も、日本語音声でしか見せたことがないという方も、これからご紹介するステップを確認しながら、改めて映画を見せてあげてください。

 

ステップ①:お気に入りの映画を用意する

まずはお子さんが繰り返し見るくらい気に入っている映画、あるいは気に入りそうな映画を用意しましょう。

 

ご家庭の事情もあるかと思いますが、できるだけ子供が見たいときに見られる(見せてあげられる)よう手近に用意してあげておいてください。

 

ここで注意したいのが、邦画を英語音声で視聴しようとしても、DVDやVOD(ビデオオンデマンド)などで入手できる作品で、かつ音声変換できるものに限られてしまうことです。

 

洋画であればDVD、VOD(ビデオオンデマンド)を始め、テレビ放送でも手軽に英語音声で視聴できます。

 

また、映像から英語圏の文化も取り入れることができるので、英語学習として映画を利用するなら、洋画をおすすめします。

ステップ②:日本語音声で見る

映画を選んだら、日本語音声でシンプルに鑑賞しましょう。

 

「え、英語学習なんだから英語音声で見るんじゃないの?」と思われたかもしれませんが、ここは「内容理解」のステップです。

 

例えば、『アナと雪の女王』(2013)で、アナとクリストフが走るそりの上で、以下のような会話をするシーンがあります。

クリストフ:「それで、どういうことだ? 何で女王は国中を凍らせたんだ?

 

アナ:「ああ、それは、全部私のせいなの。私、婚約したんだけど、その日に
   会ったばかりの人だったから、姉さんすごく怒って、それで結婚は認めな
   いって言い出して・・・」

 

クリストフ:「待った。その日に会ったばかりのやつと婚約したっていうのか?

 

アナ:「そう、それでね、私も姉さんもカーッとなって、姉さんが出て行こうと
   したから、手袋をつかんだら・・・」

 

クリストフ:「おい、待てよ。その日に会ったばかりのやつといきなり結婚を決
      めたっていうのか?!」

ここでは、歌はありません。二人のしぐさや表情はくるくると変わるのですが、そりに乗っているので動きもあまりない状態で、エルサを探すことになった経緯が説明されます。

 

子供はこのようなシーンが英語音声なら、きれいさっぱりスルーしてしまうでしょうけど、アナとクリストフのちぐはぐな会話が楽しい場面でもあります。

 

日本語音声で繰り返し見ているうちに、こういったシーンもちょっとクスッと笑いながら見ることができるはずです。それができればステップ②は完了です。

 

そもそも、選んだ映画を気に入るかどうかが分からなければ、ママ・パパも一緒にステップ①と②を繰り返してお気に入りを見つけてあげてください。

 

ママ・パパも一緒に見ることで、映画の感想を言い合うなどして内容理解を深めることができますし、何よりお子さんが楽しく映画を見ることができますよね。

 

ステップ③:英語音声で見る

繰り返し見るくらい楽しめる映画じゃないと、このステップ③は苦痛に変わるのでステップ①や②に戻ってお子さんの気持ちを温め直してくださいね。

 

ここでは、セリフ(日本語)を覚えてしまうほど内容が頭に入っている状態で、英語を浴びせます。

 

ちなみに、先ほどのアナとクリストフの会話は、英語のスクリプトでは以下のようになります。

Kristoff: So tell me, what made the Queen go all ice-crazy?

Anna:…Oh well, it was all my fault. I got engaged but then she freaked out because I’d only just met him, you know, that day. And she said she wouldn’t bless the marriage-

Kristoff: Wait. You got engaged to someone you just met?

Anna: Yeah. Anyway, I got mad and so she got mad and then she tried to walk away, and I grabbed her glove—

Kristoff: Hang on. You mean to tell me you got engaged to someone you just met?!

アナは早口で一気に説明しようとしますので、聞く方もクリストフさながらに”Wait!”とか”Hang on!”という気持ちで会話についていきましょう。

 

ただし、英語音声で見ている最中はあまり子供に話しかけない方がいいです。

 

親は理解を手助けしようと、「今のはこういう意味だよ」とか「○○○って聞き取れた?」などと言ってしまいがちですが、データのインプット中ですので邪魔しないようにしましょう。

 

かく言う私もついつい口出ししてしまうのですが、理解度を確認するなら映画が終わった後でできますし、英語音声で繰り返し見ているうちに、完璧ではなくても、親の確認など不要になります。

 

【小学生以上】ステップ④:日本語音声と日本語字幕で見る

小学生以上のお子さんであれば、字幕を使うことで音声と文字の両方からアプローチできます。

 

字幕を使うメリットとしては、まず楽なんです!

 

音声(耳)だけで内容理解するより、文字情報(目)としてもインプットすることで理解を早めることができます。

 

極端な例でいえば、「ハリー・ポッター」シリーズでは魔法の呪文がたくさん出てきますよね。これはカタカナ表示があった方が、魔法の呪文もしっかり真似できて楽しいと思いませんか。

「ハリー・ポッター」の有名な呪文

 

オキュラス・レパロ(“Oculus Reparo”):眼鏡よ、直れ

ウィンガーディアム・レビオーサ(“Wingardium Leviosa”):浮遊せよ

アクシオ(“accio”):来い

オブリビエイト(“Obliviate”):忘れよ

 

【小学生以上】ステップ⑤:英語音声と英語字幕で見る

ここまでくれば、お気に入りのセリフやフレーズがいくつかできていると思います。

 

これまでなんとなく真似していたセリフを英語字幕で確認してみましょう。

 

例えば、「カモーン!」と言っていたセリフも、文字を見れば”Come on.”で二つの単語からできていることが分かります。

 

ここから、

Come in.

Come over.

Come on over.

と、表現を広げることができます。

 

ここまでのステップで英語耳が育っているので、仲間になる単語を見つけたり、聞いたことがある単語から意味を類推したりすることもできるようになります。

 

ステップ④と⑤については【小学生以上】と限定しましたが、幼児のお子さんでも文字に興味を持ち始めていたら、字幕をつけて見せてあげてください。

 

オプション:英語音声と日本語字幕で見る

最後に、英語音声と日本語字幕で見る方法ですが、これは耳と目で同時通訳しているようなもので、すべて一言一句漏らさずに映画を見ようとすると相当疲れます。

 

また、日本語字幕がないと見られないなんていう癖がついてしまうと、ステップ⑤へたどり着けなくなります。

 

少し訳を確認するとか、時間がないママ・パパのための単語学習として使うといいでしょう。

 

まとめ

本記事では、映画を使った英語学習法についてステップに分けてご紹介しました。

ー要約リストー

ステップ①お気に入りの映画を用意する

ステップ②日本語音声で見る

ステップ③英語音声で見る

【小学生以上】ステップ④日本語音声と日本語字幕で見る

【小学生以上】ステップ⑤英語音声と英語字幕で見る

オプション:英語音声と日本語字幕で見る